和裁検定って、一体どういう資格(取得することで就職に有利になったり、給与アップにつながることもあるものです)なのでしょう。和裁検定の事をご存知の人もいらっしゃるかもしれませんが、和裁検定とは、字のごとく、和服を仕立てるのに必要である知識や技術を認定する検定になるはずです。難易度は、それ程高くはないのです。どちらかといったら、易しい方だといえるはずです。合格率(高いからといっても自分が合格できるとは限りません)も、一級は約35パーセント、2級も35パーセント、三級は五十パーセント、4級は95パーセントです。一級から3級までの試験内容は、実技(女子用あわせ長着)、部分縫い、筆記試験かもしれません。4級の試験(対策は万全にしておかないと酷い結果になりがちです)内容は、実技(女子用浴衣)、筆記試験(記述式、マークシート式では、それぞれにコツのようなものがあり、事前の対策が必要不可欠です)です。4級の取得を目指す場合は、和裁教室(懐かしいと感じる人もいれね、嫌な思い出しかないという人もいるかもしれません)に3ヵ月くらい度通って勉強(毎日コツコツできる人には結局敵わないんですよね)すれば取得可能となっています。しかし、それ以上のレベルを狙うのであれば、和裁の専門学校(二年以上の修業期間、1700時間以上の年間授業時?、試験などによる成績の評価と課程修了認定という条件を満たせね、専門士という学位を取得できるでしょう)で学ぶことがおすすめです。4級・3級は、家庭で和裁を活用可能なレベルで、2級・1級は、和裁士として仕事を行うことが出来るレベルだといわれているのです。試験日程は7月の下旬頃で、受験資格(取得することで就職に有利になったり、給与アップにつながることもあるものです)は特にませんし、何級からでも受験できるようになっています。そして、合格発表は8月中旬頃です。また、受験料は級によっても畭なるのですが、1級で1万5750円、2級で1万3630円、3級で1万500円、4級で5250円だと言えるのです。和裁検定を持っていると、どのような就職(就職氷河期といわれて久しい昨今では、大学を卒業しても就職浪人になってしまうことも少なくありません)先があるのかについてですが、呉服店なんかの着物業界や、専門学校(職業、または、生活に必要な能力の育成や教養の向上を図ることを目的しています。一年以上の修業期間があり、800時間以上の年間授業時?で、生徒?が常時40人以上いることという規定があります)が主になるのです。仕事の内容としては、長着・羽織・袴などを、裁断したり、縫製したり、仕立てたりなどです。それに、実力があれば、自宅で和裁教室(何かを教わるのであれね、そのクラスの人?も重要になってきます。多人?のクラスになるほど、一人一人に合わせられなくなるでしょう)を開くことも可能になりますー